賢く費用を抑えるための仲介手数料を安くするコツとは?

不動産売買における仲介手数料を安く抑える方法

  • 仲介手数料について

    不動産会社にとっての収入となる仲介手数料は、原則として必ず請求されるものです。 しかしながら不動産は大きなお金が動くといっても価格に関しては様々ですよね。 では、仲介手数料の金額はいったいどうやって決まっているのでしょうか。 その算出方法についてご紹介していきます。

  • 仲介手数料のからくりと交渉

    仲介手数料の金額の上限がどうやって決まってるか分かったので、実際に仲介手数料を安く抑えるコツについてご紹介していきます。 不動産会社とのやりとりの上で、効果的なアプローチやタイミングなどを把握しておくと、良い契約につながる可能性が高まります。

  • 本当に安い?見た目と実情

    不動産業界も本当に多くの企業が進出してきており、顧客を獲得するためにどの会社も様々な施策を打ち出していますよね。 その中でも特に目を引くのが、「仲介手数料無料」など一見するとお得になっているようにみえるものです。 実際のところ、本当にお得なのかどうか検証していきましょう。

仲介手数料の値段はどうやって決まる?

何かと大きな金額が動く不動産売買ですが、できることなら経費を安く抑えたいものですよね。
特に初期費用は「敷金」や「礼金」などの諸経費もかかることから大金が動く契約だとも言えます。
そこでまず、仲介手数料とはなんぞや、というところから知識を深めていきましょう。

仲介手数料とは、不動産を売買する時に仲介業者つまり不動産会社が契約をお手伝いしましたよ、という時に、その契約が成り立った成功報酬としてもらえるものです。
家を売ったり貸したりする側または家を買ったり借りたりする側にとっては、双方ともより良い取引先との契約をしたいものです。
しかし家を持っていても売ったり貸したりする相手を探すのは大変ですし、反対に買ったり借りたいしたい側にとってもよりよい家を自分で探すのは至難の業です。
そこで登場するのが、これら双方をつなぐ媒介としての役割を果たす不動産会社です。
今では不動産売買においてこういった業者は必要不可欠と言えるでしょう。

家の持ち主と買い手・借り手をつなぐ役割を担っているのが不動産業者です。
この業者の仕事に対して支払う報酬が「仲介手数料」です。
不動産の売買を手助けした報酬なので、他の不動産会社が間に入っていない限りは家の持ち主と買い手・借り手の双方から手数料をもらうことができるという事になっています。

では「仲介手数料」はいつから請求されるものなのでしょうか。
「仲介手数料」は、実際に契約が成立して初めて発生する報酬です。
つまり、「いい不動産を探していたけれどいいのがなかったから契約しなかった」という場合には、いくら頑張って紹介したとしても仲介手数料は支払われません。