賢く費用を抑えるための仲介手数料を安くするコツとは?

仲介手数料について

売買と賃貸の違い

私たち個人にとっては、不動産売買よりも住居用の不動産、いわばアパートやマンションなどを借りるという契約の「賃貸契約」ですよね。
当然ながら賃貸契約でも仲介手数料がかかってくるわけですが、賃貸契約の場合の取り決めとして、金額は「家賃一か月分とその消費税分」が上限であるとされています。
これならばそこまで高額ではない、と思えてきますよね。
しかしながら、賃貸と売買では計算方法が違います。
売買契約での仲介手数料となると、計算式は不動産の金額によって異なります。
例えば、不動産の売買価格が200万円までは仲介手数料は売買価格の5%と定められています。
また、201万円から400万円までの売買価格にかかる仲介手数料は売買価格の4%、400万円以上の物件にかかる場合は売買価格の3%という風に定められています。

簡単にわかる方法

不動産売買の価格帯によって仲介手数料が細かく定められているので、自分で計算してみるのはめんどくさいし分かりにくいな、と思いますよね。
しかしこれを簡略化して、分かりやすく計算できる計算式があります。
それが、売買価格の3%に6万円を足した金額と、その金額分消費税額を足したものが仲介手数料の上限である、という考え方です。
この考え方があれば、「不動産の価格が500万円だったから、200万×5%+200万×4%+100万×3%で…」という煩雑な計算をしなくても仲介手数料の上限金額が分かります。

ここまで仲介手数料の金額について算出方法をご紹介してきましたが、契約の際に必ずこの計算式での金額がかかるかというと、必ずしもそうではありません。
この金額は、「上限額」を算出するための計算式だからです。
ここに、仲介手数料を抑えるコツが隠れているというわけですね。


Shear!

B!