賢く費用を抑えるための仲介手数料を安くするコツとは?

本当に安い?見た目と実情

本当にお得かどうかを見定めるための注意点

不動産会社と取引をしたことがある法人や、自分の家を探すために不動産会社を訪れた人なら感じたことがあると思いますが、時々「仲介手数料無料」と書いてあるのぼりや広告を見たことはありませんか?
タダほど高いものはない、とよく言ったもので、これには実はからくりがある場合があります。
つまり、「仲介手数料をただにした分、他の部分での金額をアップさせて帳尻を合わせている」ということなのですね。
このパターンは、不動産会社が不動産を持っている場合によく見られます。
不動産の持ち主が自分であれば、当然仲介手数料なんてかからないですよね。
仲介も何も自分自身のものを売っているだけだからです。

「仲介手数料がただならお得だしこの不動産にしよう」という決め方ではなく、本当にその不動産が契約に値するものなのかを見定めるようにしましょう。

よりよい契約をするために

媒介を依頼する不動産会社を決める時には細心の注意が必要です。
多くの会社が売主や買主のために最良の仕事をしてくれる業者ですが、全てがそうだとは限りません。
それを判断できるのが「仲介手数料」だと考えても良いでしょう。
仲介手数料の金額について定められているのは、あくまで「上限金額」です。
なかには企業努力によってそれを抑えるようにしている不動産会社もある程なのです。
それを「法律で決まっているから」などといって仲介手数料を上限金額まるまるもらって自分だけ儲けようとする不動産会社については信頼のおける業者とはいいがたいですよね。
また、たとえ「仲介手数料無料」をうたっていても、その分の額を名目を変えて上乗せしている場合だってあります。

大金が動く不動産売買。
取引先も慎重に見定めて、よりよい契約履行になるように密なコミュニケーションをとることこそ、成功の秘訣と言えるでしょう。


Shear!

B!